元法律事務員鈴木くん

もっぱら雑記になってきました。元法律事務員という肩書で書いてますが、関係ないことのほうが多いです。

バレたら終わり

f:id:poodlian:20170808131010j:plain

 

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

こんにちは、鈴木くんです。

多分男ならではであろう怖い話です。

 

 

当時、僕は彼女と同棲をしていました。

 

部屋の間取りは1LDKだったので個別の部屋はなく、生活スペースは全て一緒です。

 

そうなるとどうしても欲しくなるのが一人の時間。

誰にも気を遣わず、家でダラダラしたい。そんな風に思うわけです。

 

だからありがたいのが、自分が暇なときに彼女が用事ででかけるタイミング。

一人でないとできないことをしてやろうと思うわけです。

 

 

そんなある休日、僕はフットサルをして昼過ぎに帰り、彼女は昼から買い物に出かけていきました。

 

その日は彼女と夜から外に飲みに行くという予定。

「これは外で合流するパターンだな」と考え、家でダラダラすることに。

 

合流予定であろう時間まではあと3,4時間。

「大丈夫」と考えた僕はリビングでパソコンを準備しました。

 

つかの間の休息を惜しみながら動画を検索。

何の動画はご想像にお任せします。

(男の休息、一人でないと見られないというところがミソです)

 

 

リラックスしながらも近づく時間を確認し、「まだいける、まだいける」と言い聞かせる自分。

 

色んなものがピークに近づいてきた時、イヤホン越しに聞こえた

「ガチャ」

という音。

 

「!?!?!?!?!?」

想定外の事態に動けないまま、果てしなく動揺しました。

 

「うそ!?帰ってくんのかよ!?外で合流じゃないのかよ!?ってかやべえよ!!」

っていう心の声を発する余裕もなく、イヤホンをはずし、大急ぎでパソコンの電源を落とし、極力素知らぬ顔で対応することに努めました。

 

 

彼女「ただいま」

僕「おかえり」

僕「帰ってきたんだ」

彼女「連絡なかったから」

僕「あ、あーそっか。てっきり外で合流かと思ってた」

彼女「何か慌ててない?」

僕「いや、べつに」

彼女「急いでパソコン閉じなかった?」

僕「そんなことないよ」→洗面台へ移動

彼女「何で急に手洗ってんの?」

僕「なんか汚れてたから(汚れてない)」

 

という警察での取り調べさながらのやりとりを極限まで疑われながら無事(?)やり過ごし、準備して二人で出かけていきました。

 

 

今は一人暮らしなので誰の目を気にすることもありませんが、同棲生活ならではのちょっとコワい体験でした。

 

男性の皆さんは、動画を見るときはぜひ気を付けてほしいと思います。

広告を非表示にする