読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元法律事務員鈴木くん

法律系のことやWEB系のこと、時事ネタなんかも書いていけたらと思いますが、実際にはブレまくっているのでとりあえず色々読んでいただけると嬉しいです。

素人が食事とダイエットについて考える。

f:id:poodlian:20170302162624j:plain

 

この前友達と銭湯に行ったら、僕の体を見て「キューピーちゃんみたい」と言われました。

 

最近お腹の出方が顕著になってきたので危機感を覚えつつ、なんのこれしきと甘やかしていましたが、そこまで言われてしまったら僕もぼけっとしてはおれないので、脱キューピーに向けて行動中です。

 

というわけで、今回はダイエットについて考えます。

 

とはいえ、いきなりゴリゴリの運動や〇リーズブートキャンプをしろと言われても萎えるので、身近なところで「食事とダイエット」について考えていきます。

 

 

 

ダイエット中の食事、何を重視する?

f:id:poodlian:20170302175603j:plain

食事とダイエットについては、色々と言われています。

「9時以降に食べたら太る」

「1日1食にすると逆に太る」

「肉だけでダイエットできる」

などなど、聞いたことのあるものもあると思います。

 

とはいえ、それらの情報を一つ一つ守ろうと思ってもなかなか実行できるものではありません。

仕事などで規則的な生活が送れない場合もありますから。

 

 

実際、僕もいわゆる9時5時の勤務ではありませんから、一般的に望ましいとされるような時間帯に朝昼晩の食事ができるわけではありません。

11時に朝兼昼食を食べ、17時頃に晩御飯、22~23時くらいに夜食(時と場合による)という少しずれた生活になります。

 

 

そんな生活の人間が食事をコントロールしようと思ったら、どう調整していくべきでしょうか?

実体験を踏まえつつ、食事の時間帯や回数に着目して考えていきたいと思います。

 

対策①:全体的に軽く3食食べる

 

基本的な感じがしまくっていますが、食事の回数は3食のままで、1食あたりの量を減らすという方法です。

 

夜食が入る分、1食(特に夕食)の量を減らして全体的に摂取量を抑えようっていう方針で始めてみましたが、1食を軽めにしようとするとついコンビニ食やインスタント食品に偏ってしまうので、しんどくなってやめました。

 

f:id:poodlian:20170302203659j:plain

 

対策②:夕食をしっかり食べるかわりに夜食を食べない

これは今実行しているのですが、早い時間に満腹くらいまで食べてそれ以降は食べない(1日2食)という方法です。

 

夜遅くなればなるほど脂肪として溜まりやすいということなので、早めに食べて夜は我慢!って感じでやってます。

 

 

夜中にお腹が空くので多少の我慢は必要ですが、夕方に満足感のある食事ができているのでストレスは少なく、続けられています。

(ちなみに始めて1か月くらいですが、痩せた感覚はまだないです。)

 

 

まとめ:「軽く食べる」より「食べる食べないのメリハリをつける」ほうが続けられる

 

今までの経験から、夜食まで軽く食べるを繰り返すよりも、「この時間帯はちゃんと食べるけど、この時間帯は絶対食べない」とはっきり決めておく方が対策として意味があると感じました。

 

食事の回数を維持するために「3食軽く食べる」と決めると、「軽く」の量を自分で決めることになりますから、甘えが出るとつい「軽く」なくなってしまいます。

(僕のようなゆとりはつい自分に甘くしちゃいます)

 

それよりも、これ以降は食べない!って決めておく方がメリハリがつけられてやりやすいと思います。

 

 

あと軽く食べるようにしてた時はコンビニを多用してたので、カロリーと出費がかさんでいきました。

(今の夕飯は外食ですが、定食なので野菜も食べられますし、なんだかんだコンビニより安く済んでいます。)

 

f:id:poodlian:20170302213659j:plain

 

 

 実際のところどうすりゃいいの?

 

実体験から、僕は食べる時間帯と食べない時間帯のメリハリをつけるようにしていますが、実際はどうコントロールするのがいいのでしょうか?

 

「プロに聞く!ダイエット中の食事時間と回数」によると、「『糖質』と『時計遺伝子』」をキーワードに挙げていて、中性脂肪の元になる糖質の摂取を抑えることと、胃や臓器が活動する時間帯に合わせた食べ方をすることが大事だとしています。

www.skincare-univ.com

 朝と昼で必要な栄養・糖質を十分摂り、夜は野菜を積極的に食べて糖質・脂質を摂ることを控えるなど、糖質と栄養素の摂取をよくコントロールすべきなのだそうです。

 

何を食べるかが一番大事ってことですね。

 

 

また、「脂肪をためない、10の"やせ食べ時間"に合わせた食事スケジュール」では、それぞれの時間に合った食事が挙げられています。

fytte.jp

人によって生活リズムに応じてできる部分・できない部分があるとは思いますが、体のことを考えるなら少しでも真似したいですね。

 

 

自分のペースに合わせて無理なく続けよう

 

なんだかんだ書きましたが、ダイエットは続けることが大事です。

僕も「どうやったら続けられるか」を軸にしています。

 

ダイエットのために必要なことを無理矢理生活にねじ込んでいくのではなく、生活リズムと相談しながらできることをやっていきましょう。

 

待ってろよ!キューピー!

 

 

広告を非表示にする